カテゴリー「JAZZ」の投稿

或る日

なんとな~く体がだるいです。

呑み過ぎ&疲れが溜まっていたようです。
今夜は久しぶりに休肝日にしました。
   
先日お釜掘られて修理した「ニュー八百屋さん号」に乗って
ちょっと離れた古本屋さんに行ってみました。
   
お目当の本は残念ながらありませんでしたが、
SONNY ROLLINSの『ALFEE』を発見しました。
   
Alfee 
   
この映画はゆっくりと観たことはありませんが、
主人公がじゃんじゃん女性を口説きまくっていた記憶があります。
機会があればゆっくり観てみたいものです。
   
このアルバムの中でもK・BURRELL氏の
ブルージーなギターが冴え渡ります。
まったくもって素晴らしい。
  
こんなにペンタトニックスケールが上手な人は他にはいないな~。
ジャジーに聴かせるのはスケールではなく、
その表現方法・リズム感・タイム感なんだとつくづく感じさせられます。

派手なベンディングなどの手法はありませんが、
スリル満点のプレイは今更ながら圧巻です。
完全に脱帽です。
  
なんだかんだといってジャズを聴き始めて早二年余り。
いろんなギタリスト聴いてみましたが、
このK・BURRELLさんが一番大好きです。
   
そんな最近のお気に入りはこの1枚。
TOMMY FLANAGAN TRIO
『BEYOND THE BLUEBIRD』
  
Bluebird 

BURRELL先生のギター凄いことになっとります。
   
奇しくも今日16日はトミーさんの命日であります。
  
Tommyflanagan87 
  
合掌
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片言半句

下町の祭り好きには少々呆れることもあったこの週末。

それでも伝統を残そうと頑張っておられる方々には、

それでも僅かながら嫉妬心に似たものを持たせてもらいました。

ちびっ子御神輿は本当に可愛いと思いましたし、

粋な半纏姿を楽しませてもらいました。 

  

そんな週末ですが、

ハンク・ジョーンズさんがお亡くなりになられてました。

http://www.officialhankjones.com/      

 Photo   

  

ジャズ初心者の僕が初めて買ったピアノトリオが、

ハンク・ジョーンズ、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスの

『THE GREAT JAZZ TRIO』のスタンダードアルバムでした。

Hank

  

も一枚キースのソロも買ったのですが、

こちらは初心者には難しすぎました。

普通にギタリストのアルバムを買えばよかったのにね。

  

その後、味を占めてか何枚か聴く機会がありました。

印象に残っているのは、

「BLUE MONK」の変な伴奏。

なんやら調がわからんような変わった演奏してました。

それはまた僕の中に存在し続けていた

「JAZZというものはこうでなきゃいけない」

という未熟な観念を壊してくれた瞬間でもありました。

  

今では少しだけ反応できるようになってきたかなと思います。

   

親日家でも知られるハンクおじさん。

享年91歳。

どうぞ安らかに。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

APRIL

昨日は久しぶりに浅草「JANOME」のセッションにおじゃましました。

http://tokyo.cool.ne.jp/janome/

入り口の階段を下りるときにやたらいいギターが聴こえると思ったら、

やっぱりバー兄さんでした。

ジャスト・フレンズでしたが圧巻のコードソロでした。(凄!)

   

でもってさっそく僕の番でしたが、

僕の入場のテーマ曲「ウェーヴ」のテーマを間違えちゃいました。

最後まで間違えたままテーマを弾きつづけてました。

これは猪木の「燃える闘魂」のテーマの代わりに、

「タイガーマスク」をかけちゃったような感じでかっこ悪かったです。

猪木は「♪白い~マットの~ジャングルに~」じゃないよ!

  

その後に「エイプリル~なんとか」って曲をやったのですが、

キーも進行もわかりません。

Kに先生にアンチョコ借りてみたものの、

まったくどうにもなりませんでしたね。。。玉砕。。。

リベンジしたいので曲名がわかる方は教えてください。

キーはGです。(バー兄さんが教えてくれました)

  

そしてスペシャルサプライズです。

ジャズセッションなのにGのペンタトニックを弾きまくっていた男の前に、

なんだか可愛らしい不二家のペコちゃんみたいな女性が座ってましたが、

なんと上原ひろみさんでした。http://www.hiromiuehara.com/

Duet

   

「酒薔薇」「ソーラー」を演奏してくれました。

一音で雰囲気が変わりましたね。

凄かったです。ウォーミングアップ程度なんでしょうけどね。(笑)

すっごく楽しそうに演奏する姿がとっても可愛かったです。

一瞬で自分の世界に入って、あとは周りを徐々に惹き込んでいきましたね。

音楽がホントに自由でとても楽しいものであることを再確認させてくれました。

一発で大ファンになっちゃいました。

おまけにサインまでしてもらっちゃいました。

Cimg0045

  

CD買って聴いてみようと思います。

  

   

それにしても上達する気配のない自分。

最近闘魂を忘れているんじゃないか・・・

  

闘魂だろ、闘魂!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズギター

スタンダードナンバーは好きです。

いつか蒼本のテーマだけ弾けるようになりたいと思っています。

    

しかし「バップってなぁに?」「モードってなぁに?」といった具合です。

もう少しまじめに取り組もうと思います。

「IN A JAZZ TRADITION」   ERIC GALE

Gale   

  

大御所ロン・カーター氏が

「ERICにバップをやらせてみよう♪」と言って作っちゃったアルバムです。

伝家の宝刀であるチョーキングは一切無しです。

そりゃそうだよJAZZなんだからね。

    

さすがですね。ほんとさすが百戦錬磨です。

しっかりとジャズアルバムに仕上がっています。

そんな中にもやはりGALE節がキラリと光ります。

   

何を演奏しようが自分のスタイルで演奏する。

せめてJAZZをやるときはこうありたいです。

  

実は今年からまたJAZZをやり始めるきっかけとなったCDです。

 

    

    

   

話は変わりますが、

今度の水曜日に堀切菖蒲園にて若手ギタリスト達が集まって、

『ジャズギターサミット』が開かれます。

焼肉屋さんでの開催ですので、とても楽しみです。

お近くの方はぜひふるってご参加ください。

  

   

そして我々キングコングスのライブは3月31日。

銀座「伽藍バー」にて。http://www.ghalan.com/pc/

20時からと21時半からの2ステージ!

   

乞うご期待♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い靴 2

一足早いクリスマス気分を味わいに横浜は関内まで。

THE REDSHOES 

http://www.geocities.jp/yokohama_redshoes/redshoes/

先日もコンサートにお邪魔してきましたが、

今回は波止場会館というところまで。    

ちょうど始まった頃に到着しました。

(平たく言えば遅刻です。)   

今回はパーティーということで御弁当付きでした。

   

戦友M女史もはりきって真紅のドレスです。

Cimg0015   

   

   

   

   

   

   

    

三田さんからは、

「おまえのリサイタルじゃね~んだからよ~」

って言われてましたね。(笑)

Cimg0021   

   

   

   

   

   

   

  

Cimg0036   

   

   

   

   

   

   

   

今回も写真はぶれちゃいましたね。

どうもうまくいきませんね。

今回もニューハードの竹田さんのペットを聴くことができました。

竹田さんの左にいらっしゃるのがM女史のお父さん。

ドラムスもニューハードの方がトラで入っていらっしゃったようです。

(お得感たっぷりです・笑)

今回はフィフティーズメドレーがあるということでしたが、

ここで「ジャガーズ」の宮ユキオさんの登場です。

場内は大ツイスト大会になりました!

みんなステージの前に出て踊り始めたので、

宮さんの写真が一枚も撮れませんでした。(笑)

   

M女史のフィフティーズナンバーを客席から聴いたのは初めて。

なんだか懐かしくっていろんなこと思い出しちゃいましたね。

当時のバンマスのべしゃりが三田さんにくりそつなんです。

毎日毎日怒られていました。

怒られるためにバンドに加入したようでした。

しかし、不思議なんですよ。

当時の曲やギターのリフやソロは忘れていません。

たたきこまれたんですね。

今となってはありがたい財産になっています。。。

が、通貨が違うので両替が必要かもしれませんね。(笑)

また一緒にオールディーズをやりたいですね。

やっぱり好きだし、一番得意なんだな~って確認しました。

  

途中、福引ナンバー大会があったりして、

お客さんも大喜びでしたし、

三田さんの毒舌も絶好調。

パーティーとしても盛り上ったコンサートでした。

   

このTHE REDSHOESのコンサートは、

メンバーの皆さんや親分である三田さんはもちろん、

バンドを裏から支えているスタッフの皆さんあってこそなのだと、

今回のコンサートを通じて感じました。

受付からお弁当から会場整理から音響・照明までこなしていました。

なかなかやりなれないと大変なことだと思うのですが、

スタッフの方々が楽しそうにしていらっしゃるのが素晴らしい。

そこを含めて一体感を感じることができました。

ぜひまた聴きたいですね。

  

やはりみんなでやるのは楽しいんだよ。

聴いているだけじゃなんだか寂しいような気もしましたね。

   

会場内では氷結という缶焼酎をたらふく呑んできましたよ。

はい、何回も空き缶を片付けに来てくれていました。

その後はジャーマネのO氏、

M女史のお店でいつもゴチになってるY氏、

ウッドベース弾きのA氏と共に近くのホテルのラウンジに突撃。

自分のバンドはどうなっているのかとお叱りをうけ、

かたじけなく思いながらも、ついついウヰスキーは進み、

記憶を完全になくしました。  

   

誠に申し訳ありませんでした。

  

やる気はありますので来年当たりはきっと。。。

   

  

ボーカルを務めたM女史の日記はこちらです。

   

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すきま風

最近のお気に入り

「SEVEN STEPS TO HEAVEN」

Ray Brown Trio with Ulf Wakenius

Raybrown   

  

  

  

  

  

  

  

  

   

  

  

夜寝るときにすこ~しだけ窓の隙間を空けて寝るんが好きです。

ほんのすこ~しだけ冷たい空気が入ってくるような・・・こないような。

    

ジャズギターもそんな感じが好きです。

このアルバムを聴いていると、そんなちょっとむこうの音、

外の気配が全く無いわけじゃないような感じというか、

ぎつぎつに詰まっていないようなそんな気がしています。

   

ここで演奏されているようなBLUESのテンポは心地よい。

それにしてもBLUESが上手だな~って思います。

このULFさんちゅうギタリストも柔らかくていいね。

もっとちゃんと深呼吸したり、

吸った息をゆっくり吐いたりしながらプレイし~よっと。

    

   

昨日はお昼においしいお蕎麦を御馳走になりました。

今お蕎麦がホントにおいしいね。

  

さて、ほんのすこしだけ窓を開けて隙間をつくろう。

どうしても杉良太郎が頭をよぎるけれどもね。

実は誕生日が同じ日なんだよね。

あと、桂歌丸師匠もだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤い靴

戦友M女史がジャズを歌うので来なさいとメールをもらい、

横浜で活躍しているジャズオーケストラを観てきました。

THE REDSHOES 

http://www.geocities.jp/yokohama_redshoes/redshoes/

神奈川公会堂での定期コンサートです。

500人以上も来ていたそうです。入り口はもう満杯でした。

     

ず~っと一緒にやってきたメンバーを客席から観るのは初めてです。

なんだか谷底に子獅子を突き落とす獅子というか、(いやちがう)

巣立ってゆく子鳥を見つめる母鳥になった心境です。

ちょっこり落ち着かないんで、

近くのラーメン屋さんでルービー入れときました。

なぜか2本頼み、一人がぶがぶ呑んで開場を待ちました。

開場とともにジャーマネO氏と合流。

エロジャズギタリストS氏と女優のN女史とも会場でばったり。

M女史の御両親ともお会いしました。

     

コンサートは二部制でした。

一部では司会進行役を努めていたM女史は二部から歌います。

「センチメンタル~」「ニューヨーク~」「ジョージア~」等のナンバー、

見事なステージでした。。。が、なんとお色直しをして再登場。

和服に着替えて「天城越え」歌ってました。(笑)

Imgp0059   

  

  

  

  

  

  

Imgp0064   

  

  

  

  

  

  

   

写真ぶれちゃいましたね。(残念)

  

エンディングは20曲以上の映画音楽メドレーでした。

ゲストに武田恒夫氏(tp)、大石恒夫氏(ds)、三田治美氏(tb)の

ベテランプロが参加。

アンコールには宮ユキオ氏(ds)も参加して、

大石氏との壮絶ドラム合戦で締めくくりました。

顧問の三田氏にもこんなかわいいプレゼントが。

Imgp0070   

  

  

  

  

  

  

  

三田氏のべシャリがバンマスそっくりでびっくりでした。

行ってよかったと素直に思いました。

やはり音楽はたのしい。

  

その後会場でお会いした顔見知り同士で繰り出すも、

東神奈川近辺に居酒屋さんがありませんでした。(何故???)

しょうがないのでまたもや中華屋さんで乾杯。

楽しい時間でした。

いいコンサートを観るとどうしても疼きますね。

はやくSJOを旗揚げしようと心に誓いました。

  

  

戦友M女史の日記はこちらです

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BOOGALOO

訃報が二件続いたので、ちょっこりファンキーなものを。

「ALLIGATOR BOGAROO」

 LOU DONALDSON

Lou_2   

   

   

   

   

   

  

   

  

  

  

REID MILESによるジャケットデザインがいかしてます。

なんてったってファンキーなブルーズから始まります。

(あぁ~こんなのやりたいのになぁ・・・)

若き日のGEORGE BENSONがギターを弾いてます。

オルガンはもちろんLONNIE SMITH。

そしてファンキーといえばこの方の登場です。

アルトはLOUおじさん。

いえいえ、きっとこの頃はまだバリバリの若手でしょうけどね。

    

LOUおじさんは僕にとってはいわゆるジャズおじさんの代名詞。

ギョロっと睨んでサックスを吹き散らかすイメージこそ

僕の中のJAZZのイメージながです。

COLTRANEとLOUおじさんの音はなんとなく聴いてすぐ判ります。

不思議だね~、曲名だって憶えてないがにね。

   

  

☆先週のおジャズ☆

『ジョージア』は青本見てやっちゃ駄目だね。

自分の進行でブルージーにやったほうがいい。

もっと大きくコードとってやるべし。やるべし。やるべし。

『ジャスト友達』はテンポが速いとおみおつけ溢したがになってます。

わやくちゃ、わやくちゃ~ってなっとったがいかんね。

『オールザシングス・・・』は何やっとったがけ???

今どこやってるがけ???ってなってました~♪

(この曲はどこがいいんかわからん。)

『モ・ベター・ブルーズ』はもっと手足を伸ばして演奏するべし!

   

ま、がんばろっと。

闘魂、闘魂。

  

   

明日は気分転換に草加ブルーズセッションにい~こう!

C.N.N.のセッションです。

ドラムにゴボ師匠が来るみたいなので楽しみ。

ゴボさんのドラミング観るだけでも価値ありです。

  

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五つ星

先日、届いたサプライズなプレゼント。

「FAKE STANDARDS」 

RODRIGO RODRIGUES

Photo   

  

 

 

  

  

  

ギターとヴォーカルのスタンダード・デュオ。

サックス・クラリネット・ハモニカがはいっており、

ドラム・パーカスは一切無し、スーべの代わりのチェロがいい♪

きっとこれが耳に優しい理由の一つだろう。

ギターもいわゆるブラジル/ボサノバのナイロン弦ではなく、

スチール弦でジャージーにスウィンギーに、ときにはブルージーに。

はっきり言って‘超’の付くおススメ ☆☆☆☆☆

これ一枚でこの夏は涼しく過ごせそうでR。

  

学生時代に同じアパートの1階に住んでいたS氏が、

宅配便で送って(贈って)くれました。

S氏は鎌倉在住であり、ブラジル音楽専門店のカリスマ店長でR。

年に一度程時間があるときや、ドライブついでに立ち寄るお店。

   

特にブラジル音楽に造詣があるわけではないが、

S氏に頼んでチョイスしてもらうCDはすべて大当たり。

ハズレはいままで一度も無いというのが嬉しい。

   

この先ずっと聴き続けていくだろう一枚になった。

  

  

ちなみにお店は鎌倉駅そばにあります。

「claro」という小さなお店です。

一度行ったらまた行きたくなるお店。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

そして玉砕

そしてJAZZ JANOMEのセッションに行ってきました。

   

    

    

自爆。  

そうです。自分からイントロはいっていざ!っていうときに・・・

だれも入れなかったらしいです。

反省しています。

もうすこし男らしくハッキリしようと思います。

    

     

   

そしてBRIGHT BROWNにも行ってみたものの。。。 

http://www011.upp.so-net.ne.jp/nakano-BB/

   

ギターって・・・

  

3杯目のバーボンがロックタンになみなみと注がれていたのでOK。

   

闘魂で出直します。 気合の太字。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧