カテゴリー「JAZZ BLUES」の投稿

MOJO HAND

吾妻光良トリオ

Photo  

  

  

  

  

  

  

  

・吾妻光良 (Vo、G)

・牧 裕   (Ba)

・岡地明曙 (Dr)

+湯川治住 (Pr)

所沢MOJOに行ってきました。

というよりは連れていってもらいました。

    

到着した頃にはもう既にステージはスタートしていました。

先ずは「ハッチハッチェル」というバンドです。

この時点でもう既に超満員。

どうなることやらと思いましたが、

ちょうど1stステージが終わりました。

    

満員のカウンターでウヰスキーをたのみ、

お目当ての吾妻さんを待ちます。

残念ながら立ち見ですが、

なんとか場所の確保もできました。

   

2杯目のウヰスキーを呑み終わる頃に吾妻さん登場。

「ちょっとすみません、通してね・・・」なんて感じで登場。

   

後はもう言葉は要りません。

一瞬で‘吾妻ワールド’に引き込まれます。

ラテンナンバーからスタートし、

ブルーズナンバー・古いジャズナンバーも交えて、

どんどん加速していくステージング♪

MCも冴え渡り爆笑する場内。

吾妻さんのギターもぞくぞくするようなフレーズが飛び出し、

オリジナルナンバーでは場内合唱が始まります。

まったく古さを感じさせない正に“灼熱のライブ”。(笑)

   

それにしても吾妻さんの手はおっきいですね。

そして魅せてくれましたよ、MOJOぶりを!

すっごい音してます。

アンプはなんでもないふつうのちっちゃいアンプです。

(フェンダーJのサイドキックRだそうです。)

音もでっかいけれどやかましくありません。

いい音してましたね~、いつもの吾妻さんの音です。

     

アンコールも含めて一時間以上になっていたかもしれません。

30年以上も付き合っているメンバー。

皆が演奏を楽しんでいることが伝わってきました。

お客さんもしっかり演奏を聴いていたようで、

ゲフィンな野次等はなく、素敵なライブでした。

  

あまりの興奮に、

ひさしぶりにお会いしたギタリストと呑んじゃいました。

それ以降は記憶がありません・・・

     

   

やはり続けることが一番なんだな~って思っていたら、

昨日昔のメンバーからメールが届きました。

もう25年も前に雄飛祭で一緒に演奏したメンバーです。

いつもミーティングで呑んじゃってバンドにならなかったのですが、

今回は新たにバンド結成のお誘いでした。

こんなタイムリーな事ってあるんだね。

快諾します。もちろんです。

ちょうどやる気満々でしたからね。

なんとなくよさげですね。

きっといいバンドになる気がします。

      

彼はスタジオオトキチというリハーサルスタジオをやってます。

ここのスタジオは禁煙です。臭くないし明るくて綺麗です。

とても気に入ってます。

ここのスタジオで何かを残したいですね。

    

本当にいいスタジオですので、

皆さんもぜひご利用ください。(笑・宣伝?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無後悔

「NO REGLETS」

RANDY CRAWFORD & JOE SAMPLE

Randyjoe     

    

    

    

    

   

  

 

いいものはやはりいい。

    

ストレートに飛び込んでくる歌・唄・唱・詩。

このコンビで他にもいくつか録音されたものがあるようだ。

探してみようと思う。

久しぶりにどっぷりはまりそうな歌声でR。

   

ガッドのドラムが好きだしね。

    

  

夜は大宮の「カフェランプ」へ。

ケンタロウ氏のセッションにおじゃましました。

素晴らしいブギウギピアノ♪

ぜひライヴで観てみたいピアニストです。

    

少し練習しなきゃだちかんな~。

闘魂はどこへいってしまったのか???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スタンダード・ナンバー

今日は早く終わったので、川口オートの目の前にある

CROSS-ROAD39 http://yaplog.jp/cross-road39/

に行ってきた。

いつもおせわになっているK山氏がホストのセッションだ。

今日はもの凄いメンバーでびっくりした。

常連のT氏をはじめ、ギターにS・哲氏やR・K村氏。

ドラムにもD3・F田氏とU崎氏などなど。

いつもセッション等でお世話になっているツワモノ揃いでR。

皆それぞれ自分のカラーをだしていた。

定番のブルーズ・ナンバーから、ジャズのスタンダード・ナンバーまで

盛り沢山で観ていて楽しいセッションだった。

しかし反省点をあげるならば、自分がスタンダード・ナンバーの

いわゆる「Cメロ」をはずしてしまっている事だ。

これでは曲にならない。 恥ずかしい演奏だ。

昔バンマスにいつも叱られていた言葉を思い出す。

「おい、ヒュージ! おめ~メロ違ってんじゃね~かよ!」

思い出すだけで緊張してしまう嫌な台詞だ。

ひさしぶりに冷や汗かきながらギターを奏でた。

(やけに小さい音でチョロチョロ弾いていた)

Bbking そんなことでどうする!

闘魂だろ、闘魂。

ソロなんかどうだっていい。

きちんとメロディ弾こうじゃないか。

そうだ、こんな時こそnabe氏が言ってたあの言葉だ。

「前に出て まわしをとって 前に出る」

次回はしっかりいきたいぞ。闘魂だ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)